春のセンバツ出場校、豊川と愛工大名電の2校が活躍を誓う 愛知県

メ~テレ(名古屋テレビ)

春のセンバツ高校野球に出場する愛知県の豊川と愛工大名電の選手らが大村知事を訪問し、意気込みを語りました。

豊川は10年ぶり2回目のセンバツ出場で、愛工大名電は12年ぶり10回目のセンバツ出場です。両校の選手らが9日、大村知事を訪問し、センバツでの活躍を誓いました。 豊川 鈴木貫太主将: 「前回出場した10年前のベスト4という結果を超えられるように、初戦に向けて全員で同じ方向を向いて準備していきたい」 愛工大名電 山口泰知主将: 「まずは目の前の相手を一戦必勝で全力で戦っていき、必ず優勝をつかみ取ってみせます。応援の方よろしくお願いします」 春のセンバツ高校野球は、3月8日に組み合わせ抽選会が行われ、18日に開幕します。

© メ~テレ(名古屋テレビ)