「包丁でざくざく刺して殺した」義弟を刃物で殺害しようとした54歳男 "姉"の殺人容疑で再逮捕 背中などに複数の刺し傷 北海道余市町

1月に北海道岩見沢市で義理の弟を殺害しようとして逮捕された男が、事件前に後志地方の余市町で姉を殺害したとして再逮捕されました。殺人の疑いで再逮捕されたのは札幌市西区の無職 高橋 元 容疑者(54)です。高橋容疑者は1月21日正午すぎ、余市町のアパートで姉の佳世子さん(63)を刃物で刺し殺害した疑いがもたれています。佳世子さんの背中などには複数の刺し傷があり、死因は出血性ショックでした。高橋容疑者はレンタカーで移動し、この日の夕方岩見沢市で妻の弟(57)を刃物で刺して殺害しようとし、現行犯で逮捕されていました。佳世子さん殺害について高橋容疑者は調べに「包丁でざくざく刺して殺した。1人でやった」と容疑を認めています。

© 北海道文化放送株式会社