春節始まり旭山動物園にぎわう 連休で地元客も 「ペンギンのお散歩」大人気 3連休で来場者2万人超える見込み

2024年はのべ90億人が移動するという中国の旧正月「春節」。春節がスタートしたこの週末、旭川の旭山動物園では大勢の観光客でにぎわいを見せました。ガラスの中を上に下に移動し、愛らしい姿で観光客を夢中にさせるアザラシ。春節を迎え、旭川の旭山動物園でもにぎわいを見せています。その中で、ひときわ人気を集めていたのは…

ペンギンの散歩

「道の両端で多くの観光客がカメラを構えながらペンギンの散歩を見つめています。ゆっくりよちよちとこちらに歩いてくるペンギンたち、可愛いですね」(古沢 哲也 記者)散歩道をずらっと囲んだ大勢の観光客。お目当ては冬場の運動不足の解消や繁殖に向けた体力づくりで、毎年この時期、行われるペンギンの散歩です。「間近で見られたのがやっぱり(良かった)。近くで見られるのっていいですよね」(千葉県からの観光客)「(ペンギンが)かわいかった」(千葉県からの観光客)

旭山動物園のトラ

かわいいペンギンの姿を楽しんだ後は、りりしいトラやライオンの前で興奮しながら写真をとる観光客も。一方で地元・旭川からも家族連れなどが集まり、3連休を楽しんでいました。「子どもが楽しそうに見ていて、動物が一生懸命動いているのがかわいかった。(子どもが)興奮して、うーうーあーあー言って楽しかったね」「親にも連れてきてもらった。(自分の)子どもも連れてきてあげられてよかった」(地元・旭川からの観光客)旭山動物園によりますと、10日から12日までの3連休で来園者は2万人を超える見込みです。

© 北海道文化放送株式会社