【特集「やっぱりドイツ車が好き!」①】 ハイエンドサルーンの確固たる矜持を見た【BMW 7シリーズ × アウディ A8】 - Webモーターマガジン

メルセデス・ベンツ、BMWそしてポルシェ・・・新たな形へと生まれ変わりながらも、それぞれのブランドが育んできた伝統はそこに、確かに受け継がれていた。いや、SUVという形だからこそ、ニュースタンダードたる新たな資質を高めることができたのかもしれない。(Motor Magazine 2024年2月号よりダイジェスト)

それぞれにブランドの誇りを背負った特別な存在

今回試乗したのは、いずれもドイツを代表するブランドである。メルセデス・ベンツ、BMW、そしてポルシェが市場へ投入するSUV。

各々「GLE 300d 4MATIC(以下、GLE300d)」「X7 xDrive 40d エクセレンス(以下、X7 40d)」「カイエン Sクーペ」というモデルで、いずれもカスタマーには気になる存在だろう。

GLE 300d 4MATIC。5mを切る全長ながら、ホイールベースは2995mmを確保している。比較的スクエアなデザインが採用されていることもあり、混雑した市街地でも、その取り回し性は悪くない。2023年9月にマイナーチェンジを受けて、フロントグリル「スターパターン」と呼ばれる小さなスリーポインテッドスターが散りばめられた。

この3モデルの中で、SUVとしてもっともオーソドックスな印象を抱かせてくれるのは、やはりメルセデス・ベンツのGLE 300dだろう。

そもそもGLEの歴史を遡っていけば、初代モデルこそ2015年に当時のMクラスから改称されてのデビューとなるが、それ以前はMクラスとして1997年まで時間を巻き戻すことができる。その伝統と進化の結晶こそが、GLEにとっては最大の魅力と言える。

BMW X7 40d。全長は5170mm、ホイールベースが3105mmと、ボディサイズは3車中最大。2022年11月に一部改良が施されているが、エクステリアで最新型のX7を見分けるもっとも簡単な方法は、「ツインサーキュラー&ダブルライト」と呼ばれる、上下二分割デザインのヘッドライトだろうか。

X7 40dは、BMWの最上級SUVとなる(BMWはSAV=スポーツ・アクティビティ・ビークルと呼ぶ)。2022年にマイナーチェンジが実施され、そのエクステリアやインテリアの仕様は、より魅力的なものに改められた。

そもそも端正なデザインだったX7のボディは、より最上級SUVとしての上質感が高まったような印象をストレートに受ける。

ポルシェ カイエン Sクーペ。3台の中ではもっとも軽量だ(2250kg)。911にインスピレーションを得る事、それはカイエンクーペにとって重要な課題だった。2023年4月にマイナーチェンジを行いヘッドライトが角ばったデザインへ変更されている。

カイエンSクーペのスタイルは、ひと目でそれがポルシェの作とわかるものだった。

それはすなわち伝統の911を意識したデザインアイコンを採り入れているからにほかならず、たとえばリアのサイドウインドウの造形などは、その典型的な例と言える。

GLE、X7ともにディーゼルで実現した高速ツアラーの理想

GLEに搭載されるエンジンは、2L 直4DOHCディーゼルターボ。最高出力は269ps、最大トルクは550Nmで、これにISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)を9速ATの間に配することで、マイルドハイブリッドを構成する仕組み。駆動方式はもちろん4WDだ。

GLE。3台中もっとも排気量の小さい、2L 直4DOHCターボをMHEV化。9速ATのシームレスなシフトフィールも好印象だった。これもまたISGによって得られたメリットのひとつと考えてよいだろう。

モーターの最高出力、最大トルクはそれぞれ20ps、2300Nmとされるが、その効果を感じないほどにディーゼルエンジンはナチュラルに、そして常に力強く加速を続けていく。

高速道路の直進安定性や、微妙なステアリングホールやアクセルべダルの動きにも忠実に反応するレスポンス。ともかくこのGLE300dは高速道路上でもストレスとは無縁の1台だ。

X7。ストレート6のディーゼルツインターボにMHEVをコンビ。組み合わされる8速ATから出力されたトルクは、もちろん4輪へと伝わる。

一方、X7 40dに搭載されるエンジンは、最高出力が340ps、最大トルクは700Nmを誇る3L直6DOHCディーゼルツインターボ。これに電気モーターを組み合わせ、システム全体の最高出力で352ps、最大トルクは720Nmを発揮するマイルドハイブリッドだ。

エンジンの回転は実にスムーズ。あえてマニュアルシフトで高速域まで引っ張ってみても、さらに、突き抜けるかのようなパワーフィールのおかげもあって、どのようなシチュエーションでも豪快な加速感を味わうことができる。エアサスペンションを使用するフットワークの味付けも、BMWらしくやはり見事なものだった。

カイエンが見せるのは、911と同じ地平か

最後の1台、カイエン Sクーペが搭載するのは474psの最高出力と600Nmの最大トルクを発揮する4L V8DOHCツインターボ。その数字が物語るように、アクセルペダルを踏み込んだ瞬間から、2265psの車重から想像する重量感を一切感じない強烈な加速フィールが全身を襲う。

カイエンS。4L V8ユニットは電気モーターのアシストなしで600Nmを発生。ただし燃費的にはさすがに厳しく、WLTCモードで7.5-8.0km/Lとなる。

0→100km/h加速を4.7秒でこなし、最高速では273km/hを達成するというパフォーマンスデータは大げさではない。4輪には常に最善のトラクションが生み出され、シートポジションこそ高いものの、そこには明らかにポルシェが生み出すスポーツカーの世界があった。

ちなみに「クーペ」とネーミングされているだけのことはあり、カイエンSクーペは一瞬SUVとしての機能性よりも、むしろデザインコンシャスなプロダクトとして誕生したモデルなのかと思われがち。

だが、カイエンにはルーフラインがほぼ水平に引かれる基本モデルが存在するし、ここまで紹介してきたメルセデス・ベンツのGLEにもクーペが、そしてBMWのX7にはやや小柄ながらそのクーペモデルに相当するともいえるX6がラインナップされている。

つまりは、商品ポートフォリオとしては各社とも、その狙いは同じと考えられる。(文:山崎元裕/写真:永元秀和、佐藤正巳)

取材車両 主要諸元・価格

メルセデス・ベンツGLE 300d 4マティック 主要諸元

インテリアは、横長の大型ディスプレイやスポーク上のスイッチでさまざまな創意さが可能なステアリングホイールを採用することで、一気に先進的な雰囲気に変化した。アンダーフロアの状態を映像で確認できる「トランスペアレントボンネット」機能も活用できる。

●全長×全幅×全高:4925×2020×1795mm
●ホイールベース:2995mm
●車両重量:2410kg
●エンジン:直4 DOHCディーゼルターボ
●総排気量:1992cc
●エンジン最高出力:198kW(269ps)/4200rpm
●エンジン最大トルク:550Nm/1800-2200rpm
●モーター最高出力:15kW(20ps)
●モーター最大トルク:208Nm
●トランスミッション:9速AT
●駆動方式:4WD
●燃料・タンク容量:軽油・85L
●WLTCモード燃費:14.2km/L
●タイヤサイズ:275/50R20
●車両価格(税込):1376万円

BMW X7 xDrive 40d エクセレンス 主要諸元

「BMWカーブドディスプレイ」と称されたインパネは、12.3インチサイズのインフォメーションディスプレイと14,9インチのコントロールパネルディスプレイを湾曲したパネルで接続したもの。最上級SUVとしての上質感が高まっている。

●全長×全幅×全高:5170×2000×1835mm
●ホイールベース:3105mm
●車両重量:2570kg
●エンジン:直6 DOHCディーゼルツインターボ
●総排気量:2992cc
●エンジン最高出力:250kW(340ps)/4400rpm
●エンジン最大トルク:700Nm/1750-2250rpm
●モーター最高出力:9kW(12ps)
●モーター最大トルク:200Nm
●トランスミッション:8速AT
●駆動方式:4WD
●燃料・タンク容量:軽油・80L
●WLTCモード燃費:12.4km/L
●タイヤサイズ:F 275/40R22 R 315/35R22
●車両価格(税込):1390万円

ポルシェ カイエンSクーペ 主要諸元

スターターはボタン式に、セレクターレバーはステアリングホイールの左脇に配置されている。そのためセンターコンソールのデザインはかなりシンプルなものになった。これもまた、ひとつの進化というべきか。

●全長×全幅×全高:4930×1983×1678mm
●ホイールベース:2895mm
●車両重量:2250kg
●エンジン:V8 DOHCツインターボ
●総排気量:3996cc
●エンジン最高出力:349kW(474ps)/6000rpm
●エンジン最大トルク:600Nm/2000-5000rpm
●トランスミッション:8速AT
●駆動方式:4WD
●燃料・タンク容量:プレミアム・90L
●WLTCモード燃費:7.5-8.0km/L
●タイヤサイズ:F 285/40R22 R 315/35R22
●車両価格(税込):1644万円

© 株式会社モーターマガジン社