ロシア軍、アブデーフカ制圧受け西進 西側供与の兵器破壊=国防省

[モスクワ 23日 ロイター] - ロシア国防省は23日、ロシア軍はウクライナ東部ドネツク州の要衝アブデーフカを制圧した後、西方に向けさらに進軍していると明らかにした。

国防省によると、ロシア軍はこの1週間で西側諸国がウクライナに供与した多くの兵器を破壊。これには英国の巡航ミサイル「ストームシャドー」や米国の迎撃ミサイル「パトリオット」などが含まれるとしている。

ロイターは戦況を独自に確認できていない。

© ロイター