「アジアで一流のリーグを作る」中国サッカー協会会長の発言に批判が殺到!「もう聞き飽きた」「汗もかかず、努力もせずにスローガンを叫ぶだけなら簡単だ」

3月1日に中国ス―パーリーグが開幕した。

新シーズンの開幕を前に、中国サッカー協会のソン・カイが発したコメントに批判が殺到しているようだ。中国メディア『直播吧』によれば、同会長はこう述べたという。

「中国サッカーは新たな出発点に立っている。我々は中国スーパーリーグの発展において次の2つの原則を遵守する。アジアで一流のリーグと100年の歴史を持つクラブを構築するという決意は変わらない。また、公正な競争による健全で進歩的なサッカー文化を促進するという決意も変わらない」

【PHOTO】長谷川唯のダブルピース、猶本光の決めカット、熊谷紗希のキラキラネイル...なでしこジャパンFIFA公式ポートレートギャラリー
この発言に対し、中国のファンからは次のような厳しい声が続々とあがった。

「スローガンを叫んで何年になる?」
「有言実行しろ!ファンをガッカリさせるな」
「傲慢な奴は会長にふさわしくない」
「もう聞き飽きた」
「ただスローガンを叫ぶだけで何もせず、何も分かっていない」
「大きなことを言うだけなら誰でもできる」
「汗もかかず、努力もせずにスローガンを叫ぶだけなら簡単だ」
「アジアの一流?100年?信じられない」
「空虚な話をするだけでは良くならない」

先のアジアカップで、中国代表は1ゴールも挙げられずに2分け1敗でグループステージ敗退。中国のクラブは近年、アジア・チャンピオンズリーグでも苦戦が続くなど問題を抱えている。

そうした状況を踏まえてか、発言に同意できないファンが少なくなかったようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

© 日本スポーツ企画出版社