ドゥカティが新型『スクランブラー』体感イベント「The Land of Joy 2024 Japan」を大阪で開催

「The Land of Joy 2024 Japan」3月30日(土)、GLION Museum前特設会場(大阪市港区)

ドゥカティジャパンが3月30日、GLION Museum前特設会場(大阪市港区)にて新型『スクランブラー』体感イベント「The Land of Joy 2024 Japan」を開催した

マツダの入社式、eスポーツイベントで「走る歓び」体感...新入社員608名を迎える

同イベントは昨2023年10月から発売が開始された、走る楽しさ・自由・そして自己表現を具現化したモーターサイクル「ドゥカティ・スクランブラー」の世界観を存分に楽しめるよう開催されたもの。事前予約不要・参加費無料でもあり、好天に恵まれた同日は多くの来場者で賑わった。

会場は新コンセプト“Nex-Gen Freedom”のテーマに則り、新しいスクランブラーの世界観溢れる空間を演出。同車の全色全モデルの展示とともに、デザインユニットGOO CHOKI PARデザインによる特別モデル(Scrambler Icon)も展示された。

「個性の表現・カスタマイズ」をテーマにしたトークショーでは、モーターサイクルジャーナリストの鈴木大五郎氏や、モデルでスクランブラーアンバサダーの山下晃和さんも交えて、自分なりのスクランブラー、カスタマイズの楽しみ方が語られた。

当日のハイライトの一つ、グラフィティアーティストdolly氏による、“スクランブラードゥカティにインスパイアされた”オリジナルグラフィティのライブペインティングも開催。個性的なパフォーマンスを続けること4時間で、カラフルでエネルギッシュな素晴らしい大作が完成した。

また、スクランブラーのファンをはじめ、多くのドゥカティオーナーや他社ブランド、クラシカルモデルやカスタムバイクなどおよそ300台のバイクも集結

さらにイタリアのメーカーらしく、本格的な石窯焼きのピッツァなどイタリアン・スタイルのフードトラックもオープン。ハッピーな“Nex-Gen Freedom”サウンドも流れ、カジュアルなスポーツゲームなども行われ、会場は終日楽しい雰囲気に満ちあふれた。

© 株式会社イード