BYDがピックアップトラック市場に参入…電動モデル『シャーク』発表

BYD シャーク

BYDは5月14日、ブランド初のピックアップトラック『シャーク』をメキシコで発表した。

ポルシェ『911』改良新型、5月28日デビューへ...初のハイブリッド搭載

シャークは、クラスで最大の車体サイズを持ち、広々とした乗車空間を実現する。外観はサメの動きと力強さからインスピレーションを得ており、伝統的なピックアップトラックのデザインを刷新している。

「DMO」プラットフォームは、シャークの核心技術であり、オフロード性能と安全性を確保しつつ、SUV並みの快適性と低燃費を実現している。

シャークはプラグインハイブリッド車(PHEV)で、最大出力430hp以上、0~100km/h加速5.7秒という性能を持ち、同クラスの内燃エンジン搭載のピックアップトラックを上回る。NEDCモードでの航続は840km、EVモードでの航続は100kmで、都市部の通勤や長距離移動にも対応した。

さらに、シャークでは、ブレードバッテリーと高強度スチールフレームを融合したCTCバッテリーシャシ一体化技術を採用している。これにより、車両の操縦性と安定性が向上しているという。

ユーザーのニーズに応えるため、拡張性と改造の余地を備えている。荷台には外部充電機能が搭載されており、アウトドアでの電力供給にも対応している。

今後、シャークはさらに多くの海外市場に進出し、グローバルな新エネルギーピックアップトラックを切り開く予定、としている。

© 株式会社イード