旧優生保護法訴訟、国側が請求棄却求める

 最高裁大法廷で開かれた旧優生保護法訴訟の上告審弁論で国側は、不法行為から20年が過ぎると原告の損害賠償請求権が消滅する「除斥期間」を適用すべきだとして、請求棄却を求めた。

© 一般社団法人共同通信社