円安長期化「政策対応も選択肢」 日銀の安達審議委員、熊本で講演

昨年11月、記者会見する日銀の安達誠司審議委員=松山市

 日銀の安達誠司審議委員は29日、熊本市で講演し、過度な円安が長期化して物価高を招く場合は追加利上げなど「金融政策による対応も選択肢の一つだ」と述べた。長期金利を低く抑えるため続けてきた国債買い入れは「段階的に減額していくことが望ましい」との考えを示した。

 日銀が掲げる2%の物価安定目標を巡っては、持続的・安定的な達成を確信できるまで緩和的な金融環境を維持し「拙速な利上げは絶対に避けなければならない」と強調した。経済や物価、金融情勢に応じて「緩和度合いを段階的に調整することが大切だ」とした。

© 一般社団法人共同通信社