野宿者立ち退き命令が確定 大阪あいりん地区、最高裁

2019年に閉鎖された「あいりん総合センター」=23年4月9日、大阪市西成区

 大阪市西成区のあいりん地区にあり、2019年に閉鎖された複合施設「あいりん総合センター」の敷地で生活する野宿者らに、土地を所有する大阪府が立ち退きを求めた訴訟で、最高裁第1小法廷(深山卓也裁判長)は、野宿者5人の上告を退ける決定をした。27日付。立ち退きを命じた一、二審判決が確定した。

 府は判決確定に伴い、大阪地裁に強制執行を申し立てるとみられる。

 判決によると、センターは1970年開設。労働者らの生活拠点となっていたが、耐震性を理由に閉鎖された。

 野宿者側は、府はまちづくりのために行き場のない人々を追い出しており、立ち退き請求は権利の乱用だと主張した。

© 一般社団法人共同通信社