『FNS鬼レンチャン歌謡祭』、BTSの楽曲歌唱にさまざまな反応「リスペクトない」「腹ちぎれる」

ほいけんた【写真:荒川祐史】

以前から『千鳥の鬼レンチャン』では挑戦していた

お笑いタレントのほいけんたとロックバンドMOON CHILDのボーカル・ササキオサムが29日、フジテレビ系特別番組『FNS鬼レンチャン歌謡祭』(午後6時30分)に出演。さまざまな芸を披露した。BTSの楽曲「Dynamite」の歌唱部分では視聴者はさまざまな受け止め方をしたようだ。

千鳥・大悟プロデュースのもと、『鬼レンチャン』ファミリーと豪華アーティストたちとの夢の共演が実現している今回の番組。お笑いと音楽の融合。バックダンサーを連れて登場した2人は世界的人気な熱狂的なふぁんを持つ韓国の7人組アイドルグループ・BTSの楽曲に挑戦した。

以前から『千鳥の鬼レンチャン』で同楽曲に挑戦している2人。この日の番組のテロップにも「超高音!」と書かれているだけに生放送では声を出すのもつらそうな状況が流された。ワイプで見守る千鳥は爆笑していた。

この放送に視聴者からは「ほいけんたのdynamite腹ちぎれるかおもた」「やだやだ~」「イライラしたな」「リスペクトもないDynamiteに心底頭に来てチャンネル変えたわ」「どこで笑えばよかったの?」「さすがとしか言えません」「全然歌えてない」「失敗してたな」などの声が上がっていた。ENCOUNT編集部

© 株式会社Creative2