韓国に飛来の汚物入り風船は「表現の自由だ」金正恩総書記の妹・与正氏が談話「誠意の贈り物を拾い続けなければいけない」

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)総書記の妹・与正(ヨジョン)氏は、韓国に向け汚物などをくくりつけた風船を飛ばしたことについて、「表現の自由だ」とする談話を発表した。

北朝鮮は28日夜から、韓国に向けて汚物やごみを下げた大型の風船を飛ばし、これまでに約260個が確認されている。
韓国側が飛ばした、ビラの入った風船への報復とみられる。

金与正氏は、汚物入りの風船は「表現の自由だ」と主張、“韓国は誠意の贈り物である風船を、拾い続けなければならない”と述べた。

一方、韓国に駐留する国連軍は、「不衛生かつ攻撃的で、休戦協定違反にあたる」として調査を開始した。

© FNNプライムオンライン