大谷翔平15号2ランに歓喜の声「わああああ!」「泣けるうれしい」 バックスクリーン横に飛び込む豪快な1発

[大谷翔平が、パイレーツ戦で15号2ランを放った。“怪物ルーキー”として話題のポール・スキーンズを攻略し、ファンも大興奮だった。

MLBロサンゼルス・ドジャースの大谷翔平選手が5日(日本時間6日)、PNCパークでのピッツバーグ・パイレーツ戦に出場。今季15号となる豪快な2ランホームランを打ち朝からネットが沸いた。

■敵地で15号2ラン

この日の試合に大谷選手は2番・指名打者で出場。0対7で迎えた3回表、二死1塁の場面で大谷選手が打席へ。6球目に投げられた約161キロのストレートを捉え、バックスクリーン左の手前に入る15号2ランを放った。

本塁打は5試合ぶりで、パイレーツの本拠地であるPNCパークでは初めてとなる。

関連記事:マジかよ…ゴジラが東京競馬場に上陸 作戦隊長にやす子が就任!?/PR

■「なぜか泣ける」「豪快な1発」

大谷選手の活躍はX上で注目を集め、「大谷さんホームラン」がトレンド入り。

「すごい! なぜか泣けるうれしい」「わああああ! 大谷さんホームラン打ったどおおっ!!!」「やったー!!! 大谷さんホームラン!!」と歓喜の声が上がった。

「15号はバックスクリーン横に飛び込む豪快な1発」「バックスクリーンに飛び込む大きな当たりでした」「センターバックスクリーンのホームランはほんとドリームよ」など、打球の軌道に触れたコメントも見られる。

関連記事:大谷翔平、2試合連続2ランにファン歓喜 「ホームラン王も見えてきたか」

■怪物ルーキーからHR奪い「すげぇや…!」

また、大谷選手と対峙していたのは2023年のドラフト会議で全米1位指名だったポール・スキーンズ投手。22歳の右腕で、160キロを超える豪速球を武器とする怪物ルーキーとして注目を集めている。

そのスキーンズ投手から大谷選手がホームランを奪い、「160キロをホームランにできるとかバグだろ」「大谷さんスキーンズからホームランとはすげぇや…!」「スキーンズの161キロをホームラン…?」と感嘆するユーザーも見られた。

(文/Sirabee 編集部・栗原コウジ)

© 株式会社メディアジーン