GLAY 平成の伝説20万人ライブを令和に再現!ほぼ同じセットリストでドーム熱狂 デビュー30周年

 デビュー30周年を迎えたGLAY

 男性4人組ロックバンド・GLAYが9日、埼玉・ベルーナドームで、デビュー30周年を通して開催するライブイベント「GLAY EXPO 2024-2025」のキックオフ公演を行い、8日と2日間で6万人を動員した。事前にファンから「リバイバルしてほしいツアー」を募集し、最多投票数を獲得した1999年7月31日開催の「GLAY EXPO ’99 SURVIVAL」を令和版にアレンジして再現。当時より進化した音楽性で魅せ、5年ぶりドームを熱くさせた。

 99年7月31日に千葉・幕張メッセ駐車場で開催され、日本音楽史上最多動員を記録した通称20万人ライブ。平成の“伝説”が四半世紀を経て、令和によみがえった。

 アリーナ中央に設置された円形ステージのバルーンがはじけ、4人は降臨。25年前と同じ「HAPPY SWING」を1曲目に選び、ボーカルのTERU(53)は「泣いても笑っても、たった2日しかない最後のファイナル!力を持て余すことなく、最後までついて来いよ!」とあおった。

 ギターのTAKURO(53)は「あの頃はデビューして5年。メンバーも20代でいろいろ分かっていない子供だったけど、分かり出してあのころの思いを表現できるたくましいバンドになって帰ってきました」と胸を張り、研ぎ澄まされた音楽をステージに提示した。

 本編は20万人ライブとほぼ同じセットリストを展開し、アンコールからは新曲などを追加して“新仕様”に仕上げて全26曲を届けた。新曲「whodunit-GLAY×JAY(ENHYPEN)-」でコラボした、韓国の人気ボーイグループ・ENHYPENのJAY(22)が駆けつけ、同曲や名曲「誘惑」で歌声を重ねると、3万人の縦揺れは加速した。

 5月から突入したデビュー30周年は「GLAY EXPO」の冠を引っさげ、全国15公演を回るアリーナツアーを開催するなど活動の勢いを加速させる。ギターのHISASHI(52)は「私さらにGLAYのファンになりました」と笑顔を見せ、TERUは「これからも愛し合っていこうぜ~!」と絶叫。最後は仲良く肩を組み、花道を歩いた4人。成長した背中をファンへ見せ、令和に新たな伝説を作った。

© 株式会社神戸新聞社