ENHYPEN ワールドツアー日本公演開幕! 初の地方ツアーへ胸弾む

 ENHYPEN ⓟ&©HYBE/BELIFT LAB Inc.

 韓国の7人組グローバルグループ・ENHYPEN(エンハイプン)がきょう11日、さいたまスーパーアリーナで、ワールドツアーの日本公演「ENHYPEN WORLD TOUR FATE PLUS IN JAPAN」を開幕させる。埼玉3DAYS公演を皮切りに、9月まで全国5都市11公演を巡るアリーナツアー。デイリースポーツでは、埼玉公演期間中の11~13日にわたってインタビューを掲載する。第1弾では、日本ツアーへの高揚感をメンバー7人が口にした。

 自身最多公演数&自身初の地方を回る日本ツアーが開幕する。SUNGHOON(21)は「初めて行く都市に行ってENGENE(エンジン=ファンネーム)の方々にお会いすることを考えると、とてもわくわくしています」と胸を弾ませ、HEESEUNG(22)は「ENGENEの皆さんともう一度特別な時間を作りたいです!特別な思い出になるように、頑張ります」と公演へ腕を回す。

 日本ツアー初陣の地は彩の国・埼玉。開幕前の9日、ロックバンド・GLAYの埼玉・ベルーナドーム公演にゲスト出演したJAY(22)は「(GLAY公演を経て)僕たちの公演も、すごく良い雰囲気の素晴らしい公演になるように感じて、もっと楽しみになったと思います」と予感している。埼玉の空気感を受け取り、自身のステージにも最高の彩りを添える。

 埼玉公演は3日間にわたって行われる。JUNGWON(20)は「ENGENEの方々の熱い愛のおかげで、埼玉で3日間の公演をできるようになったことがとても意味深いと思います」と応援を感謝し、「3回ともいらっしゃる方々にも満足していただけるように、エネルギーを持ってステージをできるようにすることがカギ」と成功へ導くことを誓った。

 日本ツアーは埼玉のほかに福岡、広島、愛知、宮城の5都市を巡る。SUNOO(20)は「それぞれの場所でどのような反応があるのか楽しみですし、新鮮な気持ちです」と期待を寄せる。一方のNI-KI(18)は「各地域の名物をメンバーと一緒に楽しみたいです!日本出身なのでいろいろ教えてあげたい食べ物も沢山ある」とメンバーと囲む食事も楽しみな様子だ。

 9月まで日本ツアーを走り抜ける7人。JAKE(21)が「ファンの方々が最初から最後まで視線をそらすことのできない公演にできたらうれしい」と語るように、磨き上げたパフォーマンスの数々をステージで体現する。

© 株式会社神戸新聞社