日本アニメの新たな情報発信拠点が中南米地域に! REMOWが放送チャンネルの運営&アニメ番組の提供を開始

『Geekeando sin límites』

日本コンテンツの世界流通を手掛けるREMOWがメキシコの子会社ANIME REMOW LATAM(以下「REMOW LATAM」)を通じて、中南米地域に日本アニメの新たな情報発信拠点を構築したことがわかった。中南米18か国での6つの日本アニメ放送チャンネルの運営、およびメキシコ公共放送でのアニメ番組の提供を開始している。

中南米地域には沢山のアニメファンがいる一方、正規の方法でアニメを見る手段が限られており、違法サイトで日本アニメを無料視聴することが習慣化している。このたびの試みはこれを受けたもので、REMOW LATAMが運営する中南米向け日本アニメ配信サービス『Anime 』では、広告付き無料配信放送(Free Ad-Supported Streaming TV、以下「FASTチャンネル」)である『canal Anime Onegai』に新規5チャンネルを加え、合計6チャンネルへと拡大した。

また、この新規5チャンネルは5月13日からLGエレクトロニクス社「LG Smart TVs」へ提供することで、視聴できるアニメファンを大きく広げた。「LG Smart TVs」では現在メキシコに加え、アルゼンチン、チリ、ペルー、コロンビアの5か国にてサービスを提供中。新規5チャンネルは全世界で8,000万人が利用し、中南米でも利用者が多いスマートテレビOS/デバイス「Roku」にも近日中に対応する予定だ。

正式に許諾された日本アニメを、正規のFASTチャンネルとして中南米のアニメファンに無料で日本アニメを幅広く楽しんでもらうことは、ファンの拡大が望めるうえに日本アニメの制作者への使用料の還元にも繋がる。日本アニメの中南米地域での発信基地として、画期的な第一歩と位置付ける。

さらに、メキシコの公共放送「Canal22」では、『Geekeando sin límites』という60分のアニメ本編とアニメ情報発信を織り交ぜた番組を制作し、提供を開始した。番組内でのアニメは現在、『オーイ!とんぼ』を放送している。同番組ではアニメ本編を楽しんでもらうだけでなく、中南米には伝わってきづらい最新のアニメ情報も直接ファンに届けることで、満足度の向上によるファン拡大を図っていくとしている。REMOWは中南米のアニメマーケット顕在化に向け、今後も引き続き日本アニメの情報発信基地の拡大を推し進める構えだ。

■「Anime 」FASTチャンネルについて
・アニメFASTチャンネル名:
1.canal Anime Onegai(総合アニメチャンネル)
以下、新規チャンネル
2.canal Anime Onegai Acción(“アクション”アニメチャンネル)
3.canal Anime Onegai Deportes(“スポーツ”アニメチャンネル)
4.canal Anime Onegai Drama(“ドラマ”アニメチャンネル)
5.canal Anime Onegai Música(“ミュージック”アニメチャンネル)
6.canal Anime Onegai SCI-FI(“SCI-FI”アニメチャンネル)
・視聴可能プラットフォーム
(1)Anime (開始日:5月6日)
視聴デバイス:Webブラウザ(PC/SP)、アプリケーション(iOS、Android、Roku)
※Rokuアプリのみ、新規チャンネル提供は近日中に対応
(2)LG Channels(LGエレクトロニクス社提供/開始日:5月13日)
視聴可能国:メキシコ、アルゼンチン、チリ、ペルー、コロンビア
※「2」~「6」の新規チャンネルが視聴可能

■オリジナル・アニメ番組「Geekeando sin límites」について
・番組名の意図:
Geekeandoは“オタク”を意味する『Geek』と“進行形(~している)”を意味する『eando』の造語であり、『sin limites』は“無限”という意味があります。日本カルチャーの代名詞でもある「オタク」のように日本文化を極め続けてほしい、という意味を込めて名付けました。
・放送時間:毎週土曜日夜10時~
・番組内容:アニメ放送に加えて、アニメ、ゲーム、コミック、音楽、イベント、コスプレなどサブカルチャーに詳しいインフルエンサー4人が話題のエンタメサブカル情報を独自の視点で発信する2024年6月1日から開始した番組。
・番組構成:前半15分情報パート+30分アニメ+後半15分情報パートの計60分番組
・現在放送中のアニメ:『オーイ!とんぼ』

(C)かわさき健・古沢優/オーイ!とんぼ製作委員会

© 株式会社イード