スーパー「ロピア」が原料原産地で不適正な表示…菓子や調理食品18商品で 農水省が再発防止策実施を指示

農林水産省は11日、スーパーを展開するロピアが、店舗において小分け加工した菓子類及び調理食品18商品について、原料原産地名を表示しないなどの不適正な表示を行ったとして、食品表示法に基づき表示の是正や再発防止策の実施を行うよう指示したと発表した。

長いもので約3年3カ月の間、74店舗において合計64万パック以上を消費者に販売したことを確認したとしている。

© FNNプライムオンライン