「ハヤタが先頭に立つ」早田ひな、大会公式も優勝候補に太鼓判 ライバルの存在も指摘「ハリモトやイトウが……」【WTTスターコンテンダー リュブリャナ】

卓球の「WTTスターコンテンダー リュブリャナ」が11日に開幕。13日からは本戦が行われ、日本からは有力選手が出場する。

◆早田ひな、張本美和、平野美宇の“五輪トリオ”が再び躍動か 前週は木原美悠も加えた四つ巴、2週連続上位独占の可能性

■中国勢が不在のなか第1シードに

女子シングルスに出場する早田ひな(日本生命)は今大会の参加選手の中で世界ランキングは最高の5位。中国勢が不在のなか、第1シードとして優勝候補に挙がってくる。

そんな早田に対し、WTTも太鼓判を押す。公式サイトは「世界5位でWTTシリーズを6度制しているヒナ・ハヤタは先頭に立つ」と先週のザグレブに続く2週連続優勝に期待を寄せている。

しかし、WTTは早田に続くライバルの存在を指摘。「シン・ユビン、ミワ・ハリモト、ミマ・イトウ、アドリアーナ・ディアス、チョン・ジヒなど、タイトル奪取をかけてハヤタに挑むスター選手は数え切れないほどいる」と、張本美和(木下グループ)や伊藤美誠(スターツ)もこの争いに加わってくると予想している。

先週は張本智和(智和企画)との混合ダブルスを制し、2週連続2冠も視野に入る日本のエース。はたして、下馬評通りに勝ちあがることができるのか。

◆世界トップ10復帰の平野美宇や前週単複2冠の“エース”早田ひなに期待 パリ五輪組が集結の大会を制するのは

◆早田ひな、中国選手との差について言及「孫穎莎選手と陳夢選手が10としたら……」 パリ五輪に向けて「新しい技に挑戦したい」

◆「相手のペースに飲み込まれた」張本美和、完勝劇の裏にあった“反省点” 東京五輪金の陳夢には「難しい場面でも1球1球を見極める」

© 株式会社Neo Sports