中国地方が梅雨入り/気象庁【岡山】

気象庁は6月22日、中国地方が梅雨入りしたとみられると、発表しました。平年より16日、昨年より24日遅く、記録が残る1951年以降で3番目に遅い梅雨入りです。
気象庁によると、中国地方はこの日、梅雨前線の影響でぐずついた天気となり、今後1週間も曇りや雨が多くなると見込まれていることから、梅雨入りと判断したということです。
今年は梅雨前線を押し上げる太平洋高気圧の北への張り出しが弱かった影響で、全国的に梅雨入りの時期が平年より遅くなっています。

© テレビせとうち株式会社