ウクライナ和平で中国の貢献期待、ポーランド大統領が習主席と会談

[ワルシャワ 24日 ロイター] - ポーランドのドゥダ大統領は24日、訪問先の北京で、中国が国際法を尊重したウクライナ和平案の策定に寄与することを望むと述べた。

ウクライナ和平案を協議する平和サミットが今月スイスで開催されたが、中国はロシアとウクライナ双方が出席するという期待が満たされなかったとして欠席した。外交筋によると、中国はサミットを前に独自の和平案への支持を求めて各国政府に働きかけた。

ドゥダ氏は習近平国家主席と会談後、記者団に「欧州と世界の安全保障環境についてわれわれの見解を提示した」とし、「ロシアがウクライナで起こした戦争の平和的終結を目指す努力を中国が支持することを望む」と述べた。また、いかなる和平も国際法と国際的に認められたウクライナ国境を尊重する必要があると強調した。

中国国営テレビによると、習氏はドゥダ氏に対し、中国はウクライナでの戦争を平和的に終結させるためのあらゆる努力を支持し、政治的解決を見いだすため役割を果たし続けると述べた。

© ロイター