伊藤美誠、3年ぶりのスターコンテンダー制覇 橋本帆乃香との同士討ち制す<卓球・WTTスターコンテンダーバンコク2024>

<卓球・WTTスターコンテンダーバンコク2024 日程:2024年7月2~7月7日 場所:バンコク(タイ)>

7日、WTTスターコンテンダーバンコク2024は大会最終日を迎え、全日程が終了した。

女子シングルス準決勝では、伊藤美誠(スターツ)が徐孝元(ソヒョウォン・韓国)、橋本帆乃香(ミキハウス)が申裕斌(シンユビン・韓国)と対戦。

伊藤は、今大会快進撃を見せている徐孝元相手に第1ゲームはデュースまでもつれるも、得意のカット打ちを見せて12-10でゲームを先取する。そして、第2ゲーム以降は徐孝元をまったく寄せ付けないな試合運びを見せ、11-4で第2、第3ゲームを連取。伊藤がストレートで快勝し、決勝進出を決めた。

橋本は第1ゲームを申裕斌に先取されるも、第2ゲームを16-14で制し、その勢いのまま第3ゲームも連取。第4ゲームは再び申裕斌に粘られ接戦となるも、勝負強さを発揮して13-11で奪取。ゲームカウント3-1で橋本が勝利し、決勝に駒を進めた。

決勝は伊藤と橋本の日本人対決が実現。第1ゲームは伊藤が7点リードする展開となり、橋本の猛追を振り切って第1ゲームを先取。しかし、第2ゲームのデュースまでもつれる競り合いを橋本が制すと、第3ゲームも流れを掴んだ橋本が一気に2ゲームを連取する。

しかし、第4ゲームは再び伊藤がペースを掴んでゲームを奪取。続く第5ゲームも、競り合いながらも流れを渡さなかった伊藤が制して、勝利まであと1ゲームとする。

第6ゲームは序盤競り合うも、伊藤が連続ポイントでリードを奪うと、そこから一気に伊藤のペースに。最後は伊藤が11-5で第6ゲームを制し、ゲームカウント4-2で勝利。伊藤が日本人対決を制し、2021年のWTTスターコンテンダードーハ以来3年ぶりとなるスターコンテンダー制覇を果たした。

女子シングルス結果

準決勝

〇伊藤美誠(スターツ)3-0 徐孝元(ソヒョウォン・韓国)

〇橋本帆乃香(ミキハウス)3-1 申裕斌(シンユビン・韓国)

決勝

〇伊藤美誠(スターツ)4-2 橋本帆乃香(ミキハウス)
11-6/12-14/4-11/11-5/11-8/11-5

文:ラリーズ編集部

© 株式会社ラリーズ