朝夏まなと主演、ハッピーオーラ全開ミュージカル『モダン・ミリー』2024年版が本日開幕

すべての写真(2)を見る

1967年に公開されたジュリー・アンドリュース主演のミュージカル映画が、追加作曲にジニーン・テソーリ(『ファン・ホーム』『キンバリー・アキンボ』)を迎えてブロードウェイで舞台化され、2002年のトニー賞で作品賞含む6冠を達成した『モダン・ミリー』。小林香演出、朝夏まなと主演による日本版は当初、2020年に初演されるはずだったが、開幕直前に全公演の中止が決定。しかし2022年、同じキャストが再集結し、2年分の思いを爆発させるかのようにパワフルに、コミカルに歌い踊った初演の舞台は観客を大いに元気づけた。2023年には廣瀬友祐が、この作品で読売演劇大賞 優秀男優賞も受賞。本日7月10日(水)、一部キャストを入れ替えた再演の舞台が東京・日比谷のシアタークリエで開幕する。

舞台は1920年代のニューヨーク。モダンガールに憧れて田舎から出てきたミリー(朝夏)は、下宿先で知り合ったドロシー(夢咲ねね)や偶然の出会いを繰り返すジミー(田代万里生)と仲良くなったり、玉の輿を狙って就職した会社のグレイドン社長(廣瀬)に猛アプローチしたり、世界的歌手マジー(土居裕子)のパーティーに参加したりと、新しい生活を楽しんでいた。そんなある日、ドロシーが行方不明になる事件が発生。下宿先の主人ミセス・ミアーズ(一路真輝)に誘拐されたと知ったミリーたちは、ドロシー救出作戦を決行する。果たしてミリーたちの運命は? そして、「大切なのはロマンスよりも理性!」をモットーとしていたミリーが見つける、本当に大切なものとは――。

ミュージカル『モダン・ミリー』2022年公演より

ジミー、ドロシー、マジーが新キャストになるのみならず、脚本と音楽にも変更があり、初演とはミセス・ミアーズの人物像が大きく変わるとのこと。明るく賑やかなストーリー展開、心弾む音楽、華やかなダンスという初演の魅力に、現代に即したキャラクター造形と新キャストが吹き込む新風というさらなる魅力が加わった、ますますハッピーな舞台が期待できそうだ。

文:熊田音子

★朝夏まなとさん×田代万里生さん×廣瀬友祐さんのインタビュー掲載中! https://lp.p.pia.jp/article/news/374349/index.html

<公演情報>
ミュージカル『モダン・ミリー』

脚本:リチャード・モリスディック・スキャンラン
新音楽:ジニーン・テソーリ
新歌詞:ディック・スキャンラン
広東語翻訳:ドゥラ・レオン(柯杜華)スーザン・チェン
原作・ユニバーサル・ピクチャーズ同名映画脚本:リチャード・モリス
演出・翻訳:小林香
訳詞:竜真知子
振付:木下菜津子・RON×II・松田尚子

出演:
朝夏まなと 田代万里生 廣瀬友祐 夢咲ねね 大山真志
土居裕子 一路真輝

入絵加奈子 安倍康律
砂塚健斗 高木裕和 常住富大 堀江慎也 村上貴亮
伊藤かの子 島田 彩 橋本由希子 湊陽 奈 吉田萌美 玲実くれあ

【東京公演】
2024年7月10日(水)~7月28日(日)
会場:シアタークリエ

【大阪公演】
2024年8月3日(土)・4日(日)
会場:新歌舞伎座

【愛知公演】
2024年8月11日(日・祝)
会場:Niterra 日本特殊陶業市民会館ビレッジホール

【福岡公演】
2024年8月16日(金)~8月18日(日)
会場:博多座

【東京凱旋公演】
2024年8月24日(土)・25日(日)
会場:昭和女子大学人見記念講堂

チケット情報:
https://w.pia.jp/t/modern-millie/

公式サイト:
https://www.tohostage.com/modern_millie/

すべての写真(2)を見る

© ぴあ株式会社