監視海域は平常の状態 今後秋にかけて ラニーニャ現象発生の可能性高い

エルニーニョ/ラニーニャ現象の発生確率 出典=気象庁HP

 気象庁は10日(水)、エルニーニョ監視速報を発表した。エルニーニョ現象もラニーニャ現象も発生していない、平常の状態になっているとみられる。今後、秋にかけて平常の状態が続く可能性もあるが(40%)、ラニーニャ現象が発生する可能性の方がより高い(60%)。

エルニーニョ/ラニーニャ現象の経過と予測 出典=気象庁HP

 6月のエルニーニョ監視海域の海面水温の基準値からの差は-0.2℃で、5月の0.0℃から下がり、基準値に近い値だった。大気と海洋の状態は、エルニーニョ現象もラニーニャ現象も発生していない、平常の状態であることを示している。

 大気海洋結合モデルは、太平洋赤道域の西部から中部で貿易風が強まるとともに、中部から東部の冷水がさらに強まり、秋にかけてエルニーニョ監視海域の海面水温が、基準値に近い値か基準値より低い値で推移すると予測している。以上から、今後、秋にかけて平常の状態が続く可能性もあるが(40%)、ラニーニャ現象が発生する可能性の方がより高い(60%)。

エルニーニョ/ラニーニャ現象とは

 エルニーニョ現象とは、太平洋赤道域の日付変更線付近から南米沿岸にかけて海面水温が平年より高くなり、その状態が1年程度続く現象のこと。逆に、同じ海域で海面水温が、平年より低い状態が続く現象はラニーニャ現象と呼ばれる。ひとたびエルニーニョ現象やラニーニャ現象が発生すると、日本を含め世界中で異常な天候が起こると考えられている。

© 株式会社ウェザーマップ