商店で血を流した男性発見、死亡 殺人か、和歌山・海南

男性が倒れていた商店の近くを交通規制する警察官=10日午後、和歌山県海南市

 10日午前8時半ごろ、和歌山県海南市下津町上の商店で「男性が血を流して倒れている」と従業員から119番があった。救急隊員が駆け付けたところ、商店を営む大道正富さん(66)がうつぶせの状態で血を流しているのを発見。搬送先の病院で死亡が確認された。外傷があることから、県警は殺人事件の可能性もあるとみて調べる。

 県警によると、玄関は施錠されておらず、現場には血痕が残っていた。大道さんの家族は、大道さんが午前7時過ぎに近くの自宅を出て商店に向かったと説明しているという。

和歌山県警察本部

© 一般社団法人共同通信社