広い範囲で大雨警戒

前線上の低気圧が近づく東北、それに北陸は、11日(木)明け方にかけて激しい雷雨のおそれがあります。すでに大雨となっている地域では、とくに土砂災害や浸水害に厳重な警戒が必要です。

また、11日(木)午前中にかけては、九州北部や中国地方に発達した雨雲が流れ込み、1時間に50ミリの非常に激しい雨の降るおそれがあります。山陰は夜明けまでの暗い時間帯に雨のピークを迎えるため、よりいっそうの警戒が必要となります。なお、関東から西は曇りや雨でも、昼間は気温が30℃前後まで上がり蒸し暑いでしょう。

気象予報士・高橋 和也

画像について:11日の天気予報。

© 株式会社ウェザーマップ