内装だけじゃなく「外装もアルカンターラ」なBMW!? マットで手触りもいい電動SUV『XM』

外装までアルカンターラを採用したBMW『XM』

アルカンターラ(ALCANTARA)は7月9日・イタリア・ミラノのBMWハウスで開催された「Sky is the limit」プロジェクトのイベントにおいて、BMWとのコラボレーションモデル『XM』を初公開した。

アウディ『RS 6 アバント』に630馬力の最強モデル「GT」登場 世界限定660台

このプロジェクトは、機能性、高級感、そして独自性を兼ね備えた自動車を開発することを目的としており、ALCANTARAでカスタマイズされた内装と外装の新作モデルが展示された。ALCANTARAとのクリエイティブなコラボレーションにより、BMW XMはイタリアの伝統の美しさとパフォーマンスを融合させているという。

外装および内装のすべての表面、後部座席を含む、すべてがALCANTARAで覆われている。特に外装への使用は異例。ブラックのALCANTARAで覆われたBMWはマットな効果を生み出し、光沢ブラックインサートと対照的だ。内装はブラックとアイスホワイトのALCANTARAで覆われ、エレガントなラウンジを思わせる雰囲気を作り出している。

M HYBRIDパワートレインは、653hpのシステム出力を発揮する。最大出力748hp「レーベル・レッド」は、BMW Mよって生産された最も強力な公道走行可能な量産車でもある。

© 株式会社イード