ド迫力のスバル『WRX』公開! ワイドボディ&670馬力の「プロジェクト・ミッドナイト」とは

スバル WRX の「プロジェクト・ミッドナイト」

スバル・モータースポーツUSAは7月9日、スポーツセダン『WRX』ベースの「プロジェクト・ミッドナイト」を発表した。実車は7月11日、英国で開幕する「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2024」で初公開される予定だ。

アウディ『RS 6 アバント』に630馬力の最強モデル「GT」登場 世界限定660台

プロジェクト・ミッドナイトは、記録を打ち立てた最大出力862hpの『WRX STI』ベースの通称「エアスレイヤー」の成功をベースに開発され、純粋なスピードを追求するために設計された。

プロジェクト・ミッドナイトの前身のエアスレイヤーは、2020年型のWRX STIをベースにしており、『ジムカーナ2020』の映像で230フィートのジャンプを含む驚異的なスタントを披露した。エアスレイヤーは、マウント・ワシントン・ヒルクライムなどで記録を打ち立てたが、その本来の使命は多才なジムカーナ車としての役割だった。

そこで、現行のWRXをベースに純粋なターマックスピードに特化した車両を製作するというアイデアが生まれた。そして、そのドライバーには、F1からラリークロスまで幅広い経験を持つスバル・モータースポーツUSAのスコット・スピード選手が選ばれた。

プロジェクト・ミッドナイトは、ワイドなエアロダイナミクスボディが特長で、「WRX ARA24」グラベルラリーカーのフェンダーを拡幅した。カーボンファイバー製のボディと大幅に軽量化されたシャシーにより、車両重量は2500ポンド以下で、エアスレイヤーよりも約300ポンド、標準のWRXよりも1000ポンド軽い。

ターマック専用のサスペンションを採用し、エアスレイヤーの17インチラリークロスホイールとタイヤパッケージを18x11インチのOZレーシング・スーパーツーリズモLMPマグネシウムホイールと280/650R18ヨコハマADVANスリックタイヤに変更している。

エンジンは、ターボチャージャーとインタークーラーを搭載した2.0リッター水平対向4気筒エンジンで、670hpのパワーと680lb-ftのトルクを発揮し、9500rpmまで回転する。エンジンはスバル・モータースポーツUSAのラリークロスエンジンの最新かつ最高性能の進化形だ。

© 株式会社イード