「劇場版 忍たま乱太郎」土井先生(CV関俊彦)の授業を受けよう♪ 劇場マナーCMが上映&グッズも販売開始

『劇場版 忍たま乱太郎 ドクタケ忍者隊最強の軍師』劇場マナーCM(C)尼子騒兵衛/劇場版忍たま乱太郎製作委員会

『劇場版 忍たま乱太郎 ドクタケ忍者隊最強の軍師』が、2024年12月より全国公開される。このたび7月19日より、土井先生が劇場マナーの授業をする本作の劇場マナーCMが上映されることがわかった。さらに同日より、超ティザービジュアルを使用したオリジナルグッズの発売も決定した。

『劇場版 忍たま乱太郎 ドクタケ忍者隊最強の軍師』超ティザービジュアル

『忍たま乱太郎』は、尼子騒兵衛が1986年より「朝日小学生新聞」で連載を開始したマンガ『落第忍者乱太郎』を原作に、1993年よりテレビシリーズが放送され幅広い世代に愛され続けているアニメだ。戦国時代を舞台に、乱太郎、きり丸、しんベヱの3人組を中心とする忍者のたまご「忍たま」たちが忍術学園で学びながら過ごす、明るく、楽しく、ゆかいな日々を描く。

『劇場版 忍たま乱太郎 ドクタケ忍者隊最強の軍師』は、ファンの間で高い人気を誇る『小説 落第忍者乱太郎ドクタケ忍者隊 最強の軍師』を映像化するもの。決闘に向かった土井先生が行方不明になるところから物語が始まり、普段の『忍たま』とはひと味違ったシリアスな展開が待ち受ける。
はたして土井先生と忍たまたちの絆で、「勇気100%」が流れる日常を取り戻すことができるのだろうか。

このたび公開に先駆け、7月19日より全国のMOVIX・ピカデリー、イオンシネマほか一部の上映劇場にて本作の劇場マナーCMの上映がスタートすることがわかった。この劇場マナーCMは、土井先生が乱太郎、きり丸、しんべヱに劇場マナーの授業をしているもの。上映中に携帯電話を操作するヘムヘム、前の座席を蹴るドクタケ忍者隊、上映中に騒いでしまう小平太、爆弾に火をつける八方斎を例に挙げ、土井先生が注意する。忍たまたちと一緒に楽しく劇場マナーを学べる内容となっている。

『劇場版 忍たま乱太郎 ドクタケ忍者隊最強の軍師』オリジナルグッズ

さらに、SMTやイオンシネマほか一部を除くマナーCMの上映劇場にて、同日よりキャラクターデザイン・新山恵美子描き下ろしの超ティザービジュアルを使用したオリジナルグッズが発売されることも決定した。アクリルキーホルダー、ステッカー、トートバッグが取り扱われる。通販サイト「松竹ストア」内の映画・アニメグッズショップ「Froovie」でも7月19日10時より発売開始となるので、ファンはぜひチェックしてみよう。

『劇場版 忍たま乱太郎 ドクタケ忍者隊最強の軍師』は、2024年12月より全国公開される。今後のさらなる続報を楽しみに待ちたい。

『劇場版 忍たま乱太郎 ドクタケ忍者隊最強の軍師』
12月劇場公開
原作:「落第忍者乱太郎」尼子騒兵衛(朝日新聞出版刊)
テレビアニメシリーズ「忍たま乱太郎」
「小説 落第忍者乱太郎 ドクタケ忍者隊 最強の軍師」
(原作・イラスト:尼子騒兵衛/小説:阪口和久/朝日新聞出版刊)
出演:高山みなみ 田中真弓 一龍斎貞友 関俊彦
監督:藤森雅也
脚本:阪口和久
音楽:馬飼野康二
キャラクターデザイン:新山恵美子
副監督:根岸宏樹
美術監督:川口正明
撮影監督:林コージロー
色彩設計:村田恵里子
音響監督:大熊昭
アニメーション制作:亜細亜堂
配給:松竹
製作:劇場版忍たま乱太郎製作委員会

(C)尼子騒兵衛/劇場版忍たま乱太郎製作委員会

© 株式会社イード