川崎やC大阪らJ1の6クラブが金星献上…神戸や広島は完勝、横浜FMは辛くもPK戦制す/天皇杯3回戦

天皇杯 JFA 第104回全日本サッカー選手権大会・3回戦の15試合が10日に行われた。

天皇杯・3回戦の15試合が開催。J1勢は、格下に金星を献上したFC町田ゼルビア、名古屋グランパス、ジュビロ磐田に加え、サポーターによる暴力・器物破損等々の違反行為に対する処分として、出場資格が剥奪された浦和レッズを除いた16クラブが残っている。

J1首位の町田を撃破した筑波大学と対戦した柏レイソルは、16分にFW木下康介のゴールで先制に成功すると、同点で迎えた延長前半にFW細谷真大が勝ち越しゴール。最終スコア2-1で、ラウンド16に進出。またガンバ大阪も、ジュビロ磐田を退けたテゲバジャーロ宮崎相手に、MFネタ・ラヴィとFW宇佐美貴史のゴールで2-1と勝利。その他、ヴィッセル神戸とサンフレッチェ広島は複数得点・クリーンシートとJ1の威厳を示す完勝を収めている。

対照的に、アルビレックス新潟、アビスパ福岡、FC東京らが喰われた。リーグ戦で低迷する川崎フロンターレは1-3と大分トリニータに完敗すると、直近5試合無敗のセレッソ大阪もヴァンフォーレ甲府に不覚。横浜F・マリノスはPK戦の末に辛くも勝利したものの、唯一のJ1対決に敗れた東京ヴェルディを含め、J1の6クラブが敗退となった。

なお、来月21日に予定される天皇杯・ラウンド16の対戦カードは、今月12日に実施される組み合わせ抽選会にて決定する。

◼︎3回戦・試合結果

湘南ベルマーレ(J1) 1-0 東京ヴェルディ(J1)
ガンバ大阪(J1) 2-1 テゲバジャーロ宮崎(宮崎県)
サンフレッチェ広島(J1) 4-0 いわきFC(J2)
セレッソ大阪(J1) 1-2 ヴァンフォーレ甲府(J2)
アルビレックス新潟(J1) 1-6 V・ファーレン長崎(J2)
FC東京(J1) 1-2 ジェフユナイテッド千葉(J2)
鹿島アントラーズ(J1) 2-1 藤枝MYFC(J2)
アビスパ福岡(J1) 0-2 愛媛FC(J2)
川崎フロンターレ(J1) 1-3 大分トリニータ(J2)
横浜F・マリノス(J1) 2-2(PK:5-4) 水戸ホーリーホック(J2)
ヴィッセル神戸(J1) 2-0 徳島ヴォルティス(J2)
北海道コンサドーレ札幌(J1) 6-3 モンテディオ山形(J2)
京都サンガF.C.(J1) 3-1 清水エスパルス(J2)
柏レイソル(J1) 2-1 筑波大学(茨城県)
サガン鳥栖(J1) 3-1 横浜FC(J2)
JAPANサッカーカレッジ(新潟県) 雨天中止 レノファ山口FC(J2)
※7月17日に開催予定

© 株式会社シーソーゲーム