「福岡発 売り子名鑑」チャレンジ精神旺盛の音楽女子、最後まで笑顔で販売

© 株式会社Creative2

球場の新たなエンターテインメントとなっている「売り子」。美女どころといわれる福岡のヤフオクドームで働くアサヒビール、キリンビールの両メーカーの売り子を不定期連載で紹介している「福岡発 売り子名鑑」の第29回をお届けする。ペナントレースが終わり、残るところポストシーズンとなった今季。これまでに紹介した売り子も含めてお気に入りを見つけ、残る試合でのスタジアムの楽しみの1つとなれば、幸いだ。

キリンビールの「あおい」さん【写真:福谷佑介】

高校時代にヤフオクドームで演奏「一体感が凄かった」

 球場の新たなエンターテインメントとなっている「売り子」。美女どころといわれる福岡のヤフオクドームで働くアサヒビール、キリンビールの両メーカーの売り子を不定期連載で紹介している「福岡発 売り子名鑑」の第29回をお届けする。ペナントレースが終わり、残るところポストシーズンとなった今季。これまでに紹介した売り子も含めてお気に入りを見つけ、残る試合でのスタジアムの楽しみの1つとなれば、幸いだ。

 第29回はキリンビールの「あおい」さん、だ。

 8月下旬に20歳の誕生日を迎えたばかりの「あおい」さん。福岡市内の大学で幼児教育を学ぶ大学2年生だ。彼女、売り子を目指したきっかけが、一風変わっている。

「高校生の時に、ヤフオクドームで演奏させていただく機会があったんです。お客さんがスタンドに入って、一体感が凄かったんです。それで、この空間を楽しめたらいいな、売り子をしたら楽しみながら働けるし、野球にも関われるから楽しいだろうなと思って始めました」

 出身は山口県だが、福岡の高校へと入学した。「テレビの番組で見て、吹奏楽とマーチングバンドをやってみたいな、と。父が福岡に単身赴任していたので、それを機に福岡に引っ越してきました」。中学時代まで大した楽器の演奏経験はなし。それでも、努力の末に、パーカッションで吹奏楽、マーチングバンド両方のメンバーになり、マーチングバンドの部門では全国大会で金賞に輝いた。

 その高校時代に、ヤフオクドームでの試合前にグラウンド上で演奏する機会があり、その時のドームの空気に魅せられ、売り子の世界を志した。

「とにかく、やりたいと思ったことはやってみようという性格」という「あおい」さん。売り子の世界でも、そのチャレンジ精神は健在だという。

日々の目標は、最初から最後まで笑顔を絶やさないこと 

「最初はすごく筋肉痛になったのを覚えていますね。でも、キツイだろうなと思っていましたけど、それ以上に楽しかったです」。始めた当初は決まった常連のファンがいるわけではなく「とにかくスタンドを歩き回っていました」。今となっては「待っていてくれる常連さんもいますし、そういった方々に話しかけてもらったり、会話することが楽しみに繋がっています」という。

 心がけていることは、とにかく最初から最後まで笑顔を絶やさないこと。「試合の最後の方になると、売り子も休憩しがちになりますし、笑顔も無くなっていきます。お客様も最後だからあまり飲まなくなりますが、最後の1杯を飲もうとお客様が思った時に、この子から買いたいと思ってもらえるように、最後まで元気に、笑顔でいるようにしています」と話す。 

「売り子の友達にも最初は話しかけられないくらいで、みんなから話しかけてもらってようやく友達になれたくらいで」という、とにかく人見知りの「あおい」さんは、主に三塁側内野席で働いている。

「ぜひ、スタンドで見かけたら、話しかけてください。もしかしたら人見知りオーラが出てしまっているかもしれませんが、宜しくお願いします」

 ソフトバンクでは、18日からのクライマックスシリーズ・ファイナルステージで、白星にちなんだベルギービール「ヒューガルデンホワイト」と、勝ち星にちなんだオランダビール「ハイネケン」を期間限定で、売り子たちが販売する。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)