代理人が明かす…カバーニ、いつかはナポリへ戻りたい

© 株式会社コリー

『CalcioNapoli24』は3日、「PSGのウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニは、将来的にナポリに戻りたいと思っている」と報じた。

2013年にナポリからPSGへと移籍したカバーニ。イブラヒモヴィッチ退団後はエースとして最前線に君臨し、数多くのゴールを生み出している。

しかし、彼の代理人の一人であるフェルナンド・グッリェルモネ氏によれば、いつかナポリに帰るという考えはいつも持っているという。

フェルナンド・グッリェルモネ 「彼はとても満足している。PSGの歴史に加わったこと、リーグの首位にいることにね。

彼は素晴らしいパフォーマンスを見せている。バイエルン・ミュンヘン相手にもね。代表をワールドカップにも導いた。勝者のメンタリティを持っている。

その理由は、彼が世界で最高の選手の一人だからだ。

ナポリに戻る可能性?彼は今PSGのことだけを考えている。しかし、いつもナポリに戻るという考えは抱いているんだ。

これは普通のことだよ。もしいつか戻れるとすればね。サッカーはそういうものだ。Noとは言えるが、Yesは時が来なければ言えない。

おそらく、デ・ラウレンティス会長は再び彼を欲しがるだろう。しかし、今はパリで満足はしているよ」