イチロー、1万打数は「到達寸前」 またも偉業間近、MLB公式サイトも注目

© 株式会社Creative2

マーリンズからFAとなったイチロー【写真:Getty Images】

現役2人目の100三塁打にも残り4本、44歳イチローは「不老の奇跡」

 マーリンズからフリーエージェント(FA)になったイチロー外野手は、50歳までの現役続行を目指している。新天地決定が待たれる中、MLB公式サイトでは2018年にマイルストーン達成の可能性のある12選手を特集。毎年、金字塔を打ち立てている背番号51も「不老の奇跡」として登場している。

 MLB公式サイトの動画ニュース「Cut4」は「勝利、ホームラン、死球など 2018年に到達する可能性のある12人のマイルストーン」と特集を組んだ。新天地と契約すれば、新シーズンでメジャー18年目を迎えるイチローも登場。44歳で迎える2018年に待ち受けているマイルストーンは2つだ。通算100三塁打まで残り4本、そして、通算1万打数まで115打数に迫っている。

 寸評では「不老の奇跡、イチロー・スズキはまたしてもマイルストーンの境目に位置している。そして、これは彼の打撃技術と走塁の快足ぶりを代表するものだ。44歳のイチローはフリーエージェントだが、50歳まで現役続行できると確信している。どこかの球団に落ち着くことになると仮定すると、彼はキャリア通算96三塁打でユニフォームに身を包むことになる。100三塁打まではわずか4本だ」とレポート。さらに、現役選手ではメッツからフリーエージェントなっているホセ・レイエス内野手(128三塁打)以外に実現できていない偉業だと紹介している。

 イチローは昨季、三塁打ゼロに終わったものの、15年と16年シーズンには合計11本を放った。16年に達成したメジャー通算3000安打も三塁打で決めている。「だから、彼が実現の手立てを見出したとしても、驚いてはいけない」としている。

1万打数到達は「彼が健康なら実現寸前」

 一方、1万打数の金字塔については「2018年に彼が健康なら実現寸前」と指摘。現役選手ではレンジャーズのエイドリアン・ベルトレ内野手(1万635打数)だけが到達したマイルストーンだという。

 記事では、イチロー以外にも金字塔に迫る男たちを紹介。昨季、マーリンズでイチローと同僚だったヤンキースのジャンカルロ・スタントン外野手は通算300本塁打まで残り33本。大谷翔平投手と同僚になるエンゼルスのアルバート・プホルス内野手は通算3000安打まで残り32本で、同じくエンゼルスの天才マイク・トラウト外野手は通算200盗塁まで35盗塁だ。

 また、ワールドシリーズを制覇したアストロズのホセ・アルトゥーべ内野手も100本塁打まで16本、600得点まで39得点と“ダブルリーチ”。ツインズのジョー・マウアー内野手は2000安打まで残り14本としている。レッズのジョーイ・ボット内野手は通算1000四球まで残り4、ブルージェイズのホセ・バティスタ外野手も1000四球まで35と迫っている。

 アストロズのジャスティン・バーランダー投手は200勝まで残り12勝、2500奪三振まで84としている。メジャー最年長投手のバートロ・コロン投手はメジャー通算250勝まで残り10勝。ヤンキースで田中将大投手とローテーションを組むCC・サバシア投手も250勝まで残り13勝としている。

 他に珍記録もあるという。ドジャースのチェイス・アトリー内野手は200死球まであと1、ツインズのクリス・ヒメネス捕手は10試合登板まで残り1試合と迫っていると、記事では紹介している。

 来季もイチローの新たなマイルストーン達成に期待するファンは多い。「不老の奇跡」はどのユニホームで金字塔を打ち立てることになるのだろうか。

(Full-Count編集部)

この記事はいかがでしたか?