ハム清宮が初打撃練習「バットを振れて一歩前進」、対外試合でも守備デビュー

© 株式会社Creative2

ティーバッティングを行った日本ハム・清宮幸太郎【写真:盆子原浩二】

「バットを振れて一歩前進」、韓国KT戦では一塁守備で途中出場

 日本ハムのドラフト1位ルーキー・清宮幸太郎内野手が10日(11日)の対外試合で途中出場を果たした。この日は6回の守備から一塁に入り、2イニングをプレー。3度の守備機会で落ち着いたプレーを披露した。

 米アリゾナでの春季キャンプに参加中の清宮。右手親指の負傷の影響で打撃練習を回避していたが、この日はティーバッティングを開始。素振り30本の後、ティー打撃を20球実施した。

 その後、今季初の対外試合となった韓国KT戦で6回の守備から出場。時折、声を張り上げるなど落ち着いたプレーを見せた。

 練習後は「バットを振れたということで一歩前進したかなと思うので、そこはすごくいいことだったと思う。試合も守備だけですけど出させていただいて、ベンチでこういう雰囲気なんだなと流れもつかめた。いい1日だった」と充実の表情。打撃についても「感触もよくなったし、痛みも全然ない」と手応えをつかんだ様子で、「徐々に徐々にやっていければ」と話していた。

(Full-Count編集部)