【MLB】イチロー復帰で再び始まる物語 「イチ・メーター」のエイミーさん「お帰り」

© 株式会社Creative2

マリナーズへの復帰となったイチロー【写真:Getty Images】

セーフコ・フィールドのライトスタンドで「イチ・メーター」を掲げてきたエイミー・フランツさん

 6年ぶりのマリナーズ復帰が決まったイチロー外野手。メジャーでの挑戦をスタートさせた2001年から、ヤンキースへと移籍する2012年途中まで、シアトルを本拠として数々の偉業、記録を達成してきた“レジェンド”の復帰に、ファンも大いに沸いている。

 そんな中で、イチローのマリナーズ復帰に、大きな喜びを表している人物がいる。それが、エイミー・フランツさん。イチローの安打数をカウントする手作りのボード「イチ・メーター」でお馴染みの女性といえば、多くの人がお分かりになることだろう。

 イチローとエイミーさんの“特別な関係”は良く知られた通り。マーリンズ移籍後も、エイミーさんはマイアミへと飛び、イチローに声援を送ることもあった。マーリンズからフリーエージェントとなり、ようやく決まった新天地は、6年前まで在籍していた古巣となった。

 イチローのマリナーズ復帰にはエイミーさんも歓喜。エイミーさんのツイッターには「素晴らしいマリナーズのシーズンになるわ! #ゴー、マリナーズ #お帰りなさい、イチロー」と記され、本拠地セーフコ・フィールドの前に並べられた4358安打の「イチ・メーター」のボード、そしてマーリンズとマリナーズのロゴを使った「WELCOME HOME」のボードの写真もアップされた。

 このツイートには、エイミーさんを祝福するコメントも寄せられた。「本当にクールだね、もう彼を応援するためにマイアミへ飛ぶ必要はないね!」「セーフコ・フィールドにエリア51を再建する時が来た!!!」「彼の契約が公式になったおき、君のことを考えていたよ」といったものに加え、日本人ファンからも英語で「今年のシアトルは本当に良いね」「ゴー、イチロー! ゴー、マリナーズ!」といったコメントが。

 6年の時を経て、再び時計の針が動き始めるイチローとエイミーさんの物語。果たして「イチ・メーター」の数字はどこまで伸びるのか。イチローのプレーだけでなく、2人の物語にも注目だ。

(Full-Count編集部)