東海道線 尼崎駅に遠隔セキュリティカメラ

©株式会社エキスプレス

JR西日本は、カメラの画像解析技術を使った「遠隔セキュリティカメラ」を尼崎駅3・4番、5・6番のりばに置く。運用は3月23日から。駅ホームの安全性向上にむけた設備投資。

遠隔セキュリティカメラは、カメラの画像解析装置によって、利用者が大きくふらついたり、長時間同じ場所に滞留しているなどの状況を自動で検知。

異常を確認したセンターの警備員から駅係員に連絡し、駅係員が利用者に声をかける。

「お酒を飲み過ぎたお客様の線路への転落や列車との接触にいたる前兆行動を自動的に検知できることから、ホームの安全対策として導入している」とJR西日本。

同システムは現在、大阪環状線の京橋駅をはじめ全7駅で運用中。通常と異なる人の動きを検知するもので、個人の特定は行わないという。

この記事はいかがでしたか?