サイクルならずも打率4割 日本ハム近藤が目指す道「1日1本、チャンスで」

© 株式会社Creative2

日本ハム・近藤健介【写真:石川加奈子】

本塁打でサイクル達成も「所詮そんなものだと思います」

 日本ハムの近藤健介捕手が24日、本拠地でのオリックス戦でサイクル安打に王手をかけたが、達成できなかった。

 初回に左前打、3回には左中間を破る二塁打、4回には右翼線三塁打を放って、オリックスの先発・金子をノックアウトした。3打席で簡単に王手をかけて迎えた7回の第4打席。3日前にソフトバンク・柳田のサイクル達成を見届けたばかりの札幌ドームのファンが期待する中、4番手の山本に対して二ゴロに倒れた。試合後に近藤は「意識? しましたけど、所詮そんなものだと思います」と苦笑いした。

 打撃の調子は再び上昇カーブを描き始めている。開幕から17試合連続出塁の記録は21日ソフトバンク戦でストップしたが、この日は右に左に打ち分け、8日のロッテ戦以来、今季2度目の猛打賞をマークし、打率を再び4割に乗せた。

「まだまだな部分もありますけど、このぐらいなら勝負できるかなと思います」といい感覚を取り戻しつつある。4割という数字にはこだわらない。「そこは意識せず、1日1本、チャンスで打てればいい」と目の前の打席に集中して、勝利に貢献する。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)