水源確保など緊急課題確認 長江川白濁対策協が初会合

© 株式会社宮崎日日新聞社

 霧島連山・硫黄山(1317メートル)の噴火後にえびの市の長江川が白濁している問題で、県は16日、同市や宮崎大、国の出先など15の団体・機関で構成する「硫黄山・河川白濁対策協議会」の初会合を同市の飯野地区コミュニティーセンターで開いた。農業、環境、商工観光分野などの責任者ら約50人が出席。稲作での取水を断念した地域の来年以降の水源確保など緊急の課題を洗い出し、各機関が連携して対策を進めることを確認した。