北日本や北陸は5月としてまとまった雨のおそれ 全国的に不安定な天気に

© 株式会社ウェザーマップ

18日(金)午前9時と19日午前4の降水予想図 

 東北と北陸では、あすの明け方にかけて雷を伴って激しい雨が降り、局地的に非常に激しい雨が降って大雨となる見通し。北日本や北陸では低気圧や前線の影響を長時間受ける為、5月としてまとまった雨となる恐れがある。
 土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要だ。また、北日本から西日本の日本海側を中心に、落雷や竜巻などの激しい突風に注意したい。

18日(金)午前5時における前1時間解析雨量図

 前線が東北から日本海を通って朝鮮半島付近に停滞している。前線上に低気圧が発生しあす朝にかけて東北を通過し、前線は東日本から西日本を南下する見込み。低気圧や前線に向かって、暖かく湿った空気が流れ込む為、北日本から西日本の日本海側を中心に、大気の状態が非常に不安定となる。

 東北の日本海側と北陸では、きょう未明から断続的に激しい雨が降っている。
きょう未明には1時間に山形県西置賜郡小国町は43.0ミリ、新潟県岩船郡関川村下関では41.5ミリの雨を観測している。
 地盤の緩んでいる所や、増水している河川があり、浸水や道路の冠水などに警戒が必要だ。

全般気象情報

大雨・雷・突風

 東北の日本海側と北陸を中心にあす明け方にかけて雷を伴って激しい雨が降り、きょうは東北で局地的に1時間に50ミリの非常に激しい雨の降る所がある。また、北日本から西日本の日本海側を中心にあすにかけて、大気の状態が非常に不安定となる見込み。あす午前6時までの24時間に予想される雨量は多いところで東北180ミリ、北陸120ミリ、北海道100ミリの見込み。

 大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒し、落雷や竜巻などの激しい突風に注意が必要となる。真っ黒い雲が見えたり、急に冷たい風が吹く場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めたい。
降ひょうのおそれもあり、農作物や農業施設の管理にも注意が必要だ。

18日(金)の天気予報

北日本と東・西日本の気温差が大きい

 前線の北側にある北日本では空気がひんやりとして気温が低く、前線の南側にあたる東・西日本は気温が高くなる見込み。

18日の予想最高気温(前日差)
札幌 13℃(-2℃)4月下旬並み
仙台 14℃(-14℃)4月上旬並み
新潟 26℃(+5℃)7月上旬並み
金沢 29℃(+3℃)7月中旬並み
東京 29℃(+1℃)7月上旬並み
名古屋 30℃(+2℃)7月上旬並み
大阪 28℃(±0℃)6月中旬並み
福岡 28℃(-3℃)6月下旬並み
那覇 31℃(±0℃)真夏並み
(気象予報士・崎濱綾子)