<ふらり> 奇岩に注ぐ夕日 新上五島町

©株式会社長崎新聞社

 「うちは恥ずかしかけん撮らんでよかあー、あそこの夕日ば見て帰らんね、よっぽどきれかよー」
 昼間、畑仕事中だった女性に、夕日がきれいに見られる場所があることを教えてもらい、長崎県新上五島町曽根郷に車を走らせた。
 朝から空を覆っていた雲が薄くなった夕方。地元で知られる「矢堅目(やがため)の夕景」が目の前に広がった。矢堅目と呼ばれる奇岩に夕日が降り注ぎ、オレンジ色の濃淡に目を奪われた。しばらくの間、シャッターを押さずにぼーっと景色を一人堪能。ぜいたくな時間がゆっくりと過ぎた。

地元で知られる「矢堅目の夕景」。ぜいたくな時間がゆっくり過ぎた=新上五島町網上郷