【MLB】元中日チェンが語るイチローのすごさ「いますか? 44歳であんなに走れる人?」

© 株式会社Creative2

マリナーズのイチローとマーリンズのチェン・ウェイン【写真:Getty Images】

2016年から2シーズンをマーリンズで共にプレー

 2015年からマーリンズで3シーズンを過ごしたマリナーズのイチロー会長付特別補佐。若手選手の多いマーリンズでは、イチローの野球に対する姿勢に心酔する選手が後を絶たなかったが、元中日の左腕チェン・ウェイン投手もその1人だ。今季メジャー7年目の左腕は「イチローさんと2年一緒にプレーできて本当に幸せです」と笑顔を見せた。

 レジェンドについて語る目は、野球少年そのものだった。「44歳であの体つき、あの動き。本当に信じられませんよ!」と驚いた様子で目を真ん丸に見開き、流ちょうな日本語で繰り返す32歳左腕。野手と投手の違いはあるものの「野球に対する姿勢だったり準備だったりを近くで見させてもらって、本当に勉強になった」と話す。

 2012年にオリオールズと契約し、メジャーのキャリアを歩み始めた。オリオールズでは4年にわたり先発ローテの一角として117試合に先発、46勝32敗、防御率3.72の好成績を収めた。だが、5年8000万ドル(約87億6600万円)の大型契約を結び、2016年からプレーするマーリンズでは怪我がちで、移籍3年目を迎える今季を含め38試合に投げ、8勝9敗、防御率4.95と苦戦している。

 20代の頃は肩肘に多少張りがある状態で先発マウンドに上がることを好み、実際にいいパフォーマンスを披露できていたが、30代を迎えるころから少しずつ体に変化が現れてきた。左肘の靱帯に多少の部分断裂があり、故障者リスト(DL)に入るたびに肘の靱帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けないのか、という声も上がる。中日時代の2006年に一度手術を受けているが10年以上が経過。「長年投手を続けていれば、誰でも靱帯には多少の傷はあるもの。僕もまだ手術をするほどではないというドクターの判断です」と、体のケアやトレーニングに重点を置きながら最善策を模索する。

 キャリアにおけるターニングポイントとも呼べる時期に、イチローと同じチームでプレーする機会が巡ってきた。ウエイトトレーニングはほとんどしないが、体の柔軟性を保つストレッチや、治療やケアに惜しみなく時間を割く姿を見て感銘。チェンも今では、登板を終えたら次の登板まではできるだけ疲れを残さないように、体のケアを第一に調整をするようにしているという。「肩肘が少し軽すぎるかなって感じることもあるし、まだベストが何なのか探している最中。でも、少しずつ形になってきているとは思います」と話す。

「今、そしてこれから先、自分が何をできるかが大事」

 オフに主力選手を大量放出してチーム再建に乗り出すマーリンズは、今季59試合を終えて20勝39敗と大きく負け越し、ナ・リーグ東地区最下位に沈んでいる。24歳外野手のルイス・ブリンソンをはじめ有望株と呼ばれる選手は多いが、経験が少なく若手のためにも、今こそイチローのような存在がチームには必要なのではないかともいう。

「パワーが主流のメジャーの中で、イチローさんのようなスタイルは本当にユニークですし、あれだけ長いキャリアを続けられる選手はなかなかいません。今のマーリンズには20歳そこそこの若い才能ある選手がいますが、彼らはイチローさんのような選手から学ぶことは多い。正直、僕はイチローさんの方がまだまだ走れるし、打てるし、守れると思ってるんですけどね(笑)。いますか?44歳であんなに走れる人?メジャーで40歳を超える野手はほとんどいないし、いてもDHとかパワー打者が多い。44歳までスタイルを変えずに走り続ける。そして、そのための準備を続ける。あの姿はやっぱりスゴイです」

 もちろん、チームの方針に異議を唱えるわけではない。ただ、イチローの野球に対する姿勢を見て、感じて、学んだ自分のように、若手が未来につながるヒントを得るチャンスがなくなってしまったことが、少し残念に思うだけだ。

「僕はとても40歳まで投げられません。35歳も超えられるかな?」といたずらっぽく笑う左腕だが、まずは今季、1試合1試合登板を重ねながら、結果として怪我なくシーズン終了まで投げ続けることを目指したい。

「過去のことは過去のこと。今、そしてこれから先、自分が何をできるかが大事。自分がやるべきことに集中しながら、そして目の前の1試合を大切にしながら、少しでもチームを勝たせられるように頑張ります」

 高校卒業後に故郷の台湾を離れ、努力を重ねて日本での成功をつかんだ。太平洋を渡り、30歳を超えて迎えた試練。これを乗り越えた時、また投手として新たな境地が開けるのかもしれない。

(Full-Count編集部)