九州南部大雨続く 23日(土)は近畿で再び大雨か

© 株式会社ウェザーマップ

梅雨前線が22日にかけて九州南部に停滞する見込み。前線に近い九州南部・奄美は、引き続き大雨や土砂災害に警戒が必要だ。
 
 前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込み、九州南部・奄美は大気の状態が非常に不安定となっている。奄美は21日昼過ぎにかけて、九州南部は22日夕方にかけて、局地的に雷を伴い非常に激しい雨が降る見込み。特に九州南部では23日(土)にかけても土砂災害の危険度が高い状況が続き、土砂災害の発生するおそれがある。

<22日昼までの予想降水量(多い所)>
 鹿児島県(奄美地方を除く) 250ミリ
 奄美            200ミリ

<22日昼~23日昼までの予想降水量(多い所)>
 鹿児島県(奄美地方を除く) 100~200ミリ
 奄美            100~150ミリ

 低い土地の浸水や河川の増水・氾濫に警戒するとともに、落雷、竜巻などの激しい突風に注意が必要だ。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合や、雨の降り方に異変を感じたら、頑丈な建物内に避難するよう心掛けたい。

23日(土) 太平洋側で雨強まる

 梅雨前線が南下して、西~東日本は日本海側を中心に日差しが出ている。きょう21日午後から、あす22日にかけては、さらに晴れの範囲が広がる予想だ。

 ただし、22日午後は九州付近で雨雲が北へ広がり始め、夜には四国でも雨が降り出す見込み。その後、23日(土)は近畿や東日本にも雨の範囲が広がり、太平洋側を中心に雨が強まる所があり、24日(日)にかけて大雨となるおそれがある。今後も、最新の気象情報に注意が必要だ。
(気象予報士・高橋和也)