メッシよりも…動画で見る「W杯最大のPK失敗」5選

© 株式会社コリー

アイスランド戦でPKを外してしまい、「戦犯」とまで批判されることになったリオネル・メッシ。

決まる可能性が80%を超えるのがPKであるが、重要な時にこそプレッシャーがかかり、名選手でも失敗してしまうもの。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

ここでは『Sportskeeda』による「ワールドカップの歴史上最も重大なPK失敗」を見てみよう。

ダヴィド・トレゼゲ(2006年大会決勝:フランス対イタリア)

(※動画1:56~)

2006年のワールドカップ決勝は、ジネディーヌ・ジダンが頭突きで退場したあと、1-1のままPK戦に突入した。

ユヴェントスで世界最高峰の点取り屋だったトレゼゲ。2-1でリードされている状況でペナルティエリアに向かった。

しかしシュートはクロスバーに当たって地面に落ち、手前に弾かれた。そして次にファビオ・グロッソが決め、イタリアの勝利が決まった。

ミシェル・プラティニ(1986年大会準々決勝:ブラジル対フランス)

(※動画2:07~)

ジーコらブラジルの「黄金の中盤」vsプラティニ率いる「魔法陣」。伝説のチーム同士の対戦であった。

プラティニは怪我を抱えておりベストではなかったが、それでもフランスにとっては最高の選手であった。

PK戦ではブラジルの1人目が失敗。ところがフランスの4人目プラティニのシュートは信じられないほど上に外れ…。

ただ、その後フランスは3-4でPK戦を制し、準決勝へと駒を進めている。

ジーコ(1986年大会準々決勝:ブラジル対フランス)

(※動画0:25~)

プラティニの項と同じ試合であるが、こちらは「決まっていればPK戦になることもなかった」もの。

1-1というスコアで、ブラジルはチームを活気づけるための火花を必要とした。そしてジーコを71分にピッチへ送り出した。

彼は即座にPKを獲得し、その役割を果たした。ところが、そのシュートはGKジョエル・バツーにストップされ…。

アサモア・ギャン(2010年大会準々決勝:ウルグアイ対ガーナ)

(※動画3:14~)

この試合は歴史に残るようなものだった。ガーナはアフリカの国として初めてのベスト4進出を狙っていた。

アディショナルタイムが終わりに近づき、PK戦に入ることは避けられないと思われた。

しかし120分、ガーナの決定的なシュートをルイス・スアレスがゴールライン上で手で防ぐという狡猾なプレー。

ガーナにはPKが与えられたが、そのチャンスにアサモア・ギャンのシュートは…。なお、その後のPK戦でウルグアイが勝利を収め、スアレスの企みは成功に終わった。

ロベルト・バッジョ(1994年大会決勝:ブラジル対イタリア)

(※動画2:50~)

灼熱のアメリカで行われたワールドカップ。バッジョは5つのゴールを決め、アッズーリを決勝へと導いた。

ブラジルとのファイナルはどちらもゴールを奪えないまま120分を消化し、PK戦へと突入。

ともに4人目を終えたところで、先攻のイタリアは2-3と負けていた。最後のキッカーはバッジョ。

絶対に外すことができないPK。大きな圧力と蓄積した疲労が彼を襲い、放たれたシュートは大きく空へと飛んでいった。