元巨人選手を逮捕 同僚のユニホーム盗んだ疑い

©株式会社神奈川新聞社

 川崎市の読売ジャイアンツ球場のロッカールームから選手のユニホームを盗んだとして、神奈川県警多摩署は8日、窃盗の疑いで、プロ野球の巨人元選手(23)=埼玉県川口市=を逮捕した。同容疑者については、巨人が7日に契約を解除していた。署によると、同容疑者は「生活費に困っていた」などと供述、容疑を認めている。

 逮捕容疑は、6月21日午後7時ごろ、川崎市多摩区菅仙谷4丁目の同球場の選手用ロッカールームで、2軍選手の試合用ユニホームの上着1着(2万円相当)を盗んだ、としている。署によると、防犯カメラに同容疑者の様子が写っていた。

 球団は今月7日、同容疑者が5~6月に同球場で同僚選手の野球用具約110点を盗み、中古ブランド品買い取り専門店に売却したとして、契約を解除したと発表していた。署によると、球団関係者が今月6日に署に相談していた。

 同容疑者は2013年に鹿児島・神村学園高から楽天に入団し、16年オフにトレードで巨人に移籍。1軍出場はなかった。