西武今井がロッテ井上に死球、乱闘騒ぎで両軍に警告 今井は2回途中で3死球

© 株式会社Creative2

ロッテ戦に登板した西武・今井【画像提供:(C)PLM】

今井が井上に死球で両軍の選手が飛び出す事態に

■西武 – ロッテ(9日・メットライフ)

 9日の西武-ロッテ(メットライフドーム)の一戦が警告試合となった。

 ロッテの3点リードで迎えた2回。2死一、三塁の場面で、1打席目に先制3ランを放っている井上が打席に入った。その1球目がすっぽ抜けて井上への死球に。すると、井上が怒りをあらわにし、両チームの選手が飛び出す乱闘騒ぎとなった。これが、今井が与えたこの試合3つ目の死球。今井は6月23日のロッテ戦でも井上に満塁弾を浴びていた。

 その後、審判団が協議し、両チームに警告を与えることを場内アナウンスで発表した。

(Full-Count編集部)