【高校野球】聖光学院が12年連続出場に王手 いわき海星との接戦制し決勝へコマを進める

©株式会社Creative2

福島大会は21日に準決勝を迎え、第1試合で強豪・聖光学院が勝利した

9回に1点差に追い上げられるが逃げ切り勝利

 第100回全国高等学校野球選手権・福島大会は21日に準決勝を迎え、第1試合で強豪・聖光学院がいわき海星を3-2で下し、12年連続夏の甲子園出場に王手をかけた。

 福島では頭抜けた強さが光る聖光学院だが、この日は準決勝初進出のいわき海星に接戦を強いられた。初回に2点、3回に1点を上げ、序盤に3点のリードを奪うも、6回に1点を返されて2点差に。さらに9回に1点を返され、1点差まで追い上げられたが逃げ切った。

 今春の選抜にも出場した強豪が3季連続の甲子園出場に1歩近づいた。(Full-Count編集部)