つば九郎も「のめのめのめ~」 ヤクルト「生ビール半額デー」の現場がすごい!?

© 株式会社Creative2

つば九郎を中心にデザインされた“生ビール半額デー専用カップ“【写真:大森雄貴】

今季は神宮で5度開催、平日の夜でも売れ行き好調

 今年の夏もとりわけ暑い。連日30度を超え、外に出る気が削がれてしまうのではないだろうか。しかし、不幸中の幸いも存在する。暑い日に外で飲むビールは最高に美味しい。ヤクルトは20日の中日戦で「生ビール半額デー」を開催した。

 ソフトバンクや西武、ロッテでも実施されているが、ヤクルトは毎シーズン好調であることもあり、今シーズンは過去最大級の5試合と増設。試合観戦のお供として定番の“キンッキン”に冷えた生ビールを提供している。

 普段ビールは750円で売っているが、この日は350円の大特価。これにはホームのみならず、アウェーの中日ファンも「安いから、いつもよりも杯数が増えちゃうんだよねぇ、ありがたい!」と“賛辞”を送っていた。

 生ビール半額デーには、神宮球場正面の入場口前の出店エリアに「BROOKLYN BREWERY(KIRIN)」限定ブースが登場。入場前からお酒の誘惑が待っており、多くのファンは片手にビールを持っている。

 また、球場内にも、通常の売店に加えて、内野/外野に特設ブースが設けられる。売られるビールカップは“生ビール半額デー専用カップ“へと様変わり。カップには、ビールジョッキ片手のつば九郎が中央に写り、裏で「のめのめのめ~」とゲキを飛ばしている。

 試合チケットは、当日券含めて販売開始から試合開始の間で、SS指定席、S指定席以外は完売するなど、平日の夜にして売れ行き好調である。外野自由席も席が埋まり、立ち見客が多く出たほどで、満員御礼が発表された。

売り子は大忙し「一度もお客様をいないかなと探しませんでした」

 飛ぶようにビールが売れる中、最も大変なのは、売り子たちであろう。満タンでは20キロ以上あるビールタンクを背負い、暑さに負けず、階段の激しい上り下りにも負けず、元気な笑顔を振りまいている。

 半額デーの反響はどうか。現場の声を聞いてみよう。某大手ビール会社の売り子はこう語る。

「およそ25杯注げるビールが一気に無くなります。一度もお客様をいないかなと探しませんでした。『こっち! こっち!』『すみません下さい!』の声が鳴り止みません。球場中、走り回っていました」

 樽が空になれば、交換をする。ただ、ビールを注ぐ“樽元”が担当エリアから真裏の場所であれば、センターバックスクリーン横観客席からホームベース裏までの距離間の激走が求められることも度々だ。店の前には大量のビールタンクが並べられていた。

 ビールの杯数が増えるお客さんも多く、ファンたちはいつにも増して“饒舌”になる。スタンドでは、通常以上の“歓声”が飛び交った。裏方たちはどっと疲れる日になることだろう。

 この日は、約300発の打ち上げ花火が、センターバックスクリーン後方から打ち上げられた。試合前から、スワローズ側のスタンドでは携帯電話に貼り付けるグリーンの蛍光シールを配布。ライトの部分に貼ることで、グリーンライトが完成する。夏の定番とも言えるWhiteberryの「夏祭り」の曲とともにグリーンライトを振ると、5回裏終了後には東京の夜空に300発の花火が打ち上がった。

 東京の大都会に存在し、球場のロケーションは抜群である。都内の店に行けば、生ビールは500円を超えるだろう。ワンコイン以下(350円)で生ビールを飲みながら野球観戦できるチャンスは残り3回。球場に“酔いどれファン”が増える日がまた訪れる。(大森雄貴 / Yuki Omori)