フィジーク「R1Bインフィニート ニット」新カラー近日発売。ツール区間2連勝のトーマスが選んだレーシングシューズ

© 株式会社八重洲出版

2018年新たに登場したフィジークの「 R1B インフィニート ニット 」はツール・ド・フランス2018でマイヨ・ジョーヌを着用しているゲラント・トーマス(チームスカイ・英)が愛用している。

新しいカラーラインナップのニットグレーのシューズを着用した ゲラント・トーマスはアルプスの厳しい山岳ステージで2連勝を飾った 。そのうちの一つは数々の名勝負が繰り広げられツール・ド・フランスのアイコンと言っても過言ではないアルプデュエズで、総合リーダーの証であるマイヨ・ジョーヌに身を包んでの歴史的な勝利となった。

フィジークのKNIT(ニット)レーシングシューズは、その素材によって得られる通気性や快適性だけでなく、剛性感やしっかりとしたフィット感を兼ね備え、最高のパフォーマンスを発揮するリアルレーシングシューズ。

その証拠にニット素材を採用したシューズは複数社から発表されているが、ツール・ド・フランス2018の実戦でライダーが着用しているのは現状フィジークだけ。発表当初は素材の伸びや、従来の素材に対してパワーロスが多いのではという質問が多く寄せられていたが、実際レースに出ているサポートライダー達には積極的に「

R1Bインフィニート ニット

」が選ばれており、そのパフォーマンスはゲラント・トーマスの走りによって証明されている。

ゲラント・トーマスが使用しているグレーニットカラーは新たなカラーラインナップとして登場予定。詳細は追って発表される。

※写真はサンプルを撮影したもので、スペックやカラーなど実際の製品と異なる場合があります。

※色調はモニター画面で見るのと実際では多少違って見えますのでご了承ください。

問・

カワシマサイクルサプライ