ニューカッスル・武藤嘉紀いきなり大ピンチ!? 開幕5試合の対戦相手が最悪すぎた

© 株式会社FACTORIES

ニューカッスルは開幕5試合を乗り切れるか photo/Getty Images

いよいよ開幕が迫ってきたプレミアリーグ。どのクラブもスタートダッシュを成功させて波に乗りたいところだろうが、スタートダッシュを成功させるには開幕からの対戦順も重要になってくる。いきなり難敵とばかり当たる日程では連勝スタートを切るのは当然難しくなってくるからだ。

そこで英『FourFourTwo』は、開幕戦から厳しいスケジュールになっているのはどのチームかをチェックしている。恐らく最も大変なのは日本代表FW武藤嘉紀が移籍したニューカッスルだろう。ニューカッスルは開幕戦から昨季トップ4の一角トッテナムと対戦し、昇格組のカーディフとの対戦を挟んでチェルシー、マンチェスター・シティ、アーセナルと続いていく。序盤の5試合中4つもトップクラブとの戦いが組まれているのは厳しい。ニューカッスルは昨季も開幕戦でトッテナムと戦っており、0-2で敗れるスタートを切っている。今季は何とかしたいところだ。

アーセナルも厄介だ。開幕戦では王者マンチェスター・シティ、第2節はチェルシーだ。最悪の場合は開幕連敗スタートなんてことも考えられる。ウェストハムも開幕戦でリヴァプールと、第3節でアーセナルと対戦する難しいスケジュールだ。

一方で比較的楽なのは王者マンCだ。開幕戦こそアーセナルとの対戦だが、そこからハダースフィールドタウン、ウルブス、ニューカッスル、フラム、カーディフ、ブライトンと9月末までの7試合中1試合しか強敵との対戦がない。しかもウルブス、フラム、カーディフと昇格組3クラブが含まれているのも特徴的で、開幕から容易に連勝街道に入れるはずだ。