世界を襲う2つの台風

© 株式会社ウェザーマップ

今、とてつもない勢力の台風が2つあります。1つは、日本からは逸れていった台風22号です。こちらはあす14日(金)から15日(土)にかけてフィリピンや台湾に甚大な被害を出しそうです。最も近づく時の中心気圧は900hpa、中心付近の最大瞬間風速は85メートルと、台風21号よりもさらに強い勢力です。

もう1つはアメリカ東部にあるハリケーン、フローレンスです。15日(土)にもノースカロライナ州に上陸する見込みとなっています。カテゴリー4という勢力ですが、全米史上最悪の被害となった2005年のハリケーン・カトリーナの上陸時の勢力はカテゴリー3でした。ノースカロライナ州などには非常事態宣言が出されていて、現地では経験したことのない大雨や暴風、高波などに見舞われるものとみられます。

どちらの台風も甚大な被害は避けられない勢力を持っています。事前の避難などで少しでも被害が減るように願うばかりです。

気象予報士・長谷部 愛

画像について:13日午前6時の台風22号の位置と進路予想。